Pro Tools LE 7.4 Read Me - akmedia.[bleep]digidesign.[bleep]

July 10, 2018 | Author: Anonymous | Category: N/A
Share Embed


Short Description

Download Pro Tools LE 7.4 Read Me - akmedia.[bleep]digidesign.[bleep] ...

Description

R e a d Me

Pro Tools LE 7.4 on Windows この書類には、Digidesign が推奨する Windows のバージョンが起動する Windows システム上で動作する Pro Tools LE 7.4 に 関するユーザー・ガイドの訂正事項、互換性情報、既知の問題、エラー・コード点等が記載されています。最新の互換情報 に関しましては Digidesign のウェブサイト (www.digidesign.com/jp) をご覧ください。

新しいバージョンの Pro Tools をインストールする前に旧バージョンをアンインス トールする お使いのコンピュータに以前のバージョンの Pro Tools がインストールされている場合は、新しいバージョンの Pro Tools をインストールする前に旧バージョンをアンインストールする必要があります。これにはプログラム削除用の Windows コ マンドを使用します。 コンピュータから Pro Tools をアンインストールするには (Windows Vista): 1 [ スタート ] > [ コンピュータ ] を選択します 2 [ コンピュータ ] ウィンドウから [ プログラムの削除と変更 ] をクリックします 3 Pro Tools を選択します 4 [ 削除 ] をクリックします 5 画面の指示に従い Pro Tools を削除します

コンピュータから Pro Tools をアンインストールするには (Windows XP): 1 [ スタート ] > [ コントロールパネル ] を選択します 2 [ プログラムの追加と削除 ] をダブルクリックします . 3 現在インストールされているプログラムのリストから Digidesign Pro Tools を選択します 4 [ 変更と削除 ] ボタンをクリックします 5 画面の指示に従い Pro Tools を削除します

互換性 Digidesign は、Digidesign が動作確認を行ったハードウェア及びソフトウェア環境のみを互換 / 対応情報として提供してい ます。動作 確認済 みの コン ピュー タ、オペ レー ティン グ・シス テム、及び サー ドパ ーティ 機器 等に 関する 最新 情報は、 Digidesign の Web サイト (www.digidesign.com/jp) でご確認ください。 データベース・ファイルの互換性 Pro Tools 7.x は新しい Digidesign データベースのファイル形式を必要とします。Pro Toolsのバージョン 6.xで作成されたデー タベース・ファイルは、Pro Tools 7.x の初回起動時に削除されます。検索速度を上げるために、使用されているドライブを 再インデックスしてください。DigiBase データベースのインデックスに関する詳細は、Pro Tools リファレンス・ガイドをご 覧ください。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

1

メモリーロケーションのコメント欄の文字数増加 (Item # 83593) Pro Tools7.3 以 降では、メ モリ ーロケ ーシ ョンの コメ ント欄 で許容 され る文字 数が 増加し まし た。以前 のバー ジョ ンの Pro Tools で Pro Tools 7.3 以降のセッションを開くと、258 文字を超えたテキストは、メモリーロケーションのコメント欄に 表示されません。 Wiindows XP スタンバイモードと Digi 002 または Digi 002 Rack (Item #47054) Windows XP をスタンバイモードにする前に、Digi002 または 002 Rack を外してください。 ソフトウェアをインストールする前に Windows と Pro Tools LE ハードウェアをセットアップする ハードウェアをインストールしコンピューターを起動した後、 [新しいハードウェアが見つかりました]というウィザード が表示されるまで待ちます。ウィザード画面をそのままにして、Windows 用の Pro Tools LE インストーラを CD-ROM ドラ イブにセ ットします。Pro Tools LE Installer フォルダの 中にあるセット アップ・アイコンをダ ブルクリックしま す。インス トールを正しく行う ため、ご使用のシステムのスタートアッ プ・ガイドをよくお読みになってインス トール作業を行って ください。 TDM と LE システム間のプラグインを伴ったセッションの転送 LE と TDM 間でセ ッション を転送す る場合、プラ グイン設 定は、そのセ ッション の Plug - In Settings (プラ グイン設定) フォルダへ手動でコピーします。これにより正確なプラグイン・プリセット名が復元されます。 Digidesign Wavedriver を使用してプレイバック中にノイズが入る (Item #70492) Wavedriver を使用してプレイバックしている最中に、オーディオがスタッターすることがあります。

確認されている問題点 ここでは、Pro Tools LE 7.4 の使用時に生じる問題点とその回避方法について記載しています。

Pro Tools Vista システムにおいて、外部の FireWire HFS+ ドライブ上の Pro Tools セッションやインストーラを起動する際にダブル クリックを使用することはサポートされていません (Item #98779) Vista システムにおいて、外部の FireWire HFS+ ドライブ上に配置された Pro Tools セッションやインストーラを起動する際 は、そのセッ ションやインスト ーラを起動するた めにダブルクリッ クを使用すること はできません。HFS+ ドラ イブ上の Pro Tools セッションを起動するには、最初に Pro Tools を起動して、次に [ ファイル ] メニューの [ セッションを開く ] コ マンドを使用してセッションを開きます。Pro Tools のインストールに関して は、インストーラを内蔵ドライブにコピーし て、そこから起動してください。 Vista システムで Start + L を実行すると、 「カーソルを左へナッジ」ではなく、「アドミンユーザー切り替え」プロンプト が起動する (Item #98665) Vista システムで Start + L を実行すると、 「カーソルを左へナッジ」ではなく、 「アドミンユーザー切り替え」プロンプトが 起動します。この場合は、キーボード・フォーカス(A...Z)をオンにして、L キーを使用してください。 [RTAS Error Suppression(RTAS エラー抑制)] 有効時は、CPU 使用限度に達する可能性がある (Item #83343) CPU 使用限度を 85% 以上で [RTAS Error Suppression(RTAS エラー抑制)] を有効にした場合、コンピュータがオーバー ロードしてレコーディングができなくなる場合があります。[RTAS Error Suppression(RTAS エラー抑制)] を有効に設定し ているときは、CPU 使用限度を 80% 以下に設定してください。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

2

LE ペリフェラルをスワップした際、「新しいハードウェアを検出」ウィザードで適切なドライバをロードできないデバイ スがある (Item #82574) LE ペ リフェラルを取り変えると、 「新しいハードウェアを 検出」ウィザードが、そのデバイスを正しく認識せず、必要な ドライバをインストールできない場合があります。これが起こった場合、新しいデバイスを接続して、Windows コントロー ルパネル内の「プロ グラムの追加と削除」から、Digidesign Pro Tools LE を選択し、 「変更」をク リックし「修正」インス トーラを起動します。「新しいハードウェアうぃ検出」ウィザードとともに、ドライバのインストールが完了します。 [RTAS Error Suppression(RTAS エラー抑制)] を有効にして、CPU 使用限度を高く設定していると、画面のリドローが スローダウンする (Item #82915) [RTAS Error Suppression(RTAS エラー抑制)] を有効にして、CPU 使用限度を 85% 以上に設定すると、画面のリドローや バックグラウンド CPU タスクがスローになる可能性があります。RTAS Error Suppression を使用中にこれが起きた場合、プ レイバックエンジン・ダイアログを開いて、CPU 使用限度を 5 ∼ 10% 低くしてください。 Mbox 2 Pro はハイ・サンプルレート時の外部クロックをサポートしていません (Item #79394, 80746, 80961, 76544) Mbox 2 Pro は最大 96 kHz のサンプルレートをサポートしていますが、外部クロック・ソース(S/PDIF 及び Word Clock)は、 44.1 kHz 及び 48 kHz のサンプレート・セッションだけでサポートされています。 外部シンク・ソースのサンプルレート変更するとトランスポートが無効になる (Item #76544) Pro Tools のクロック・ソースが S/PDIF または Word Clock の場合に外部ソースが変更されると、同期が外れ、同期復旧時 の 9092 エラーによりプレイバックできない可能性があります。これは Pro Tools のトランスポートが動作中に外部ソースの サンプルレートが変更された場合に起こります。 この状況を回避するに、外部シンク・ソースが Mbox 2 pro と常に同じサンプルレートであることを確認してください(特 にプレイバック中)。

この状況を補正するには: 1 Pro Tools 内で [ 設定 ] > [ ハードウェア ] を選択して、クロック・ソースを内部(インターナル)に変更します。 2 外部シンク・ソースが正しく接続され、Mbox 2 Pro と同じサンプルレートであることを確認します。

クロック・ソースを目的のソース (S/PDIF, Word Clock または Internal) 3 Pro Tools 内で [ 設定 ] > [ ハードウェア ] を選択して、 に設定します。 S/PDIF 出力を Direct Sound へ送った際のオーディオ・フリッカー (Item #78529) サードパーティ製アプリケーションの使用時は、クリーンな S/PDIF 出力用に Wave または ASIO 出力を使用します。 Windows Exploreler または Mac Finder からはプレビューできません (Item #78473) Pro Tools セッションを開いている時に、Mac Finder や Windows Explorer で Pro Tools に関連するオーディオ・ファイルをダ ブルクリックしても、オーディオ・プレビュー用DigiBase 内のファイルは開きません。代わりに、現在のセッションのリー ジョン・リス トへファイルがイ ンポートされます。Pro Tools を 使用してオーデ ィオ・ファイルをプレ ビューする場合は、 ワークスペース・ブラ ウザを開き、プレビューしたいオー ディオ・ファイルへとナビゲートし て、オーディオ・ファイル 用の波形コラムにあるスピーカー型のアイコンをクリックしてください。 インストゥルメント・トラックや Aux 入力に、ソフトウェア・インストゥルメントをインサートしても音が出ない (Item #65797) ソフトウェア・インストゥルメントによっては、音も鳴らず、再生もしないものがあります。 これが起こった場合は、ハー ドウェア・インプットをインストゥルメント・トラックまたは Aux インプットに、MIDI アウトプットをインストゥルメン ト・トラックへ手動でアサインします。 ワークスペース・ブラウザ内で、ある特定ファイルのエラスティック分析を計算 / クリアできない (Item #89026) エラスティック・オーディオによりサポートされるファイル・フォーマットの拡張子が付いているにもかかわらず(.wav ま たは .aif) 、Pro Tools のワークスペース・ブラウザがエラスティック分析の計算またはクリアを実行できない場合がごく稀に あります。ブラウザ・メニューの [ エラスティック分析を計算 ] 及び [ エラスティック分析をクリア ] がグレイアウトします。 このような場合、ファイルが実際に非サポートのフォーマットである可能性があります。ファイル・フォーマットを確認す

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

3

るために、ワークスペース・ブラウザのフォーマット欄をご覧ください。QuickTime などの WAV または AIFF 以外のファイ ル・フォーマットが示されている場合は、エラスティック分析の計算またはクリアを実行することはできません。とはいえ、 これらの非サポート・ファイルはテンポに合わせて視聴することも、セッションへインポートすればエラスティック化する こともできます。 Pro Tools 5.1 ∼ 6.9 フォーマットでセッションを保存した際にリージョン・ループが欠落する (Items #90102, 90079) 5.1 ∼ 6.9 でセッションを保存すると、 「リージョン・ループが失われます」という旨のダイアログが表示されます。これを 回避するためには、Pro Tools の下位バージョンでセッションを保存する前に、[ リージョン ] > [ ループ解除 ] > [ フラット に ] を実行します。 エラスティック・オーディオをモノフォニックまたは X-Form アルゴリズムで使用した際、オーディオ・ファイル内にドリ フトが発生する (Item #96151) エラス ティック・オー ディオを 使用する 際にオー ディオ・リージ ョン内に ドリフト が発生す ることが あります が、これは リージョンがモノフォニックまたは X-Form アルゴリズムを使用してどの程度伸縮されるかに依存します。トランジェント 情報を持 つ素材にエラ スティック・オーディオ を使用し、かつド リフトを回避し たい場合は、ポリ フォニックま たはリズ ミック・アルゴリズムをご使用ください。 異なるテンポの Reason ソングを開いた後、ティックベース・トラック上のオーディオ・リージョンが、正しいテンポで再 生されない (Item #96710) セッションと異なるテンポの Reason ソングを開くと、ティックベースのトラック上にあるオーディオ・トラックが正しい テンポで再生されないことがあります。コンダクターまたはマニュアル・テンポ入力経由でテンポ変更を施すと、リージョ ンが正しく再生されます。 Beat Detective の [ 小節|拍マーカーを生成 ] でテンポマップを作成すると、レンダー・モード内のリージョン・グループが オフラインになる (Item #97993) Beat Detective の [ 小節 | 拍マーカーを生成 ] でテンポ・マップを作成すると、レンダー・モードのリージョン・グループがオ フラインになることがあります。オフラインになったリージョンに編集を加え、エラスティック・オーディオをレンダーか らリアルタイムに変更し、再度レンダー・モードへ戻すことでオンラインになります。 リアルタイム・エラスティック・オーディオ・トラックの波形表示 (Item #98343) エラスティック・オーディオのリアルタイム・プロセッシングを使用している場合、使用しているアルゴリズムに関わらず、 Pro Tools にはヴァリスピードの波形が表示されます。これは、全てのエ ラスティック・オーディオ・プロセッシングがリア ルタイムに処理され、波形自体はどのようにサウンドするかの予測であることに起因します。レンダー・モードへ切り替え ることで、使用しているアルゴリズムによってレンダーされた場合の実際のオーディオの様相を視認できます。 オーディオをインポートすると、IXML メタデータを持ったステレオ・インターリーブ WAV ファイルが 2 つの個別のモノ ・トラックに分割される (Item #98841) オーディオをインポートすると、IXML メタデータを持ったステレオ・インターリーブ WAV ファイルが 2 つの個別のモノ ・トラックに分割される場合があります。ワークスペースを使用して、ファイルを編集ウィンドウまたはステレオ・トラック 上に直接ドラッグしてください。 セッションのテンポでインポートされたエラスティック・オーディオ用「デフォルト・インプット・ゲイン」(Item #96725) [ 初期設定 ] > [ プロセッシング ] ページにある [ エラスティック・オーディオ ] > [ デフォルトインプットゲイン ] は、セッ ション・テンポでインポートされたエラスティック・オーディオ用の設定です。ワークスペース内の [ コンテキスト視聴 ] が オン、またはプロセッシング初期設定ページ内の [ デスクトップからのドラッグ&ドロップはセッション・テンポに合わせ る ] がオンに設定されていない限り、この初期設定オプションは機能しません。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

4

エラスティック・オーディオを含んだリージョン・グループは、そのリージョン・グループ自体にエラスティック機能が適 用されていない場合、エラスティックとして認識されない (Item #92770, #97107) リージョン・グループ内にエラスティック・オーディオが含まれているが、リージョン・グループ自体の最外層においてエラ スティック・オーディオ操作がなされていない場合は、そのリージョン・グループはエラスティック・オーディオとして認識 されません。新規トラック作成に用いられる場合、トラックは自動的に [ エラスティック・オーディオ 有効 ] には設定さ れず、リージョン・グループ内のエラスティック・オーディオは、そのセッション用のデフォルト・エラスティック・オーディ オ・プラグインを使用してレンダーされます。これは、リージョン・グループにワープ・マーカーを追加して、強制的にエラ スティック・リージョンと認識させることで回避できます。または、 [ エラスティック・オーディオ 有効 ] に設定したトラッ クを最初に作成した後に、リージョン・グループを追加します。 [ ソース・メディアから統合 ] オプションを使用してエラスティック・オーディオをインポートできない (Item #96404) [ ソース・メディアからコピー ] を使用して、エラスティック・オーディオ・トラックへインポートしてください。 AudioSuite とリージョン・グループ (Item #64410) オーディオ・ファイルとリージョン・グループでは、AudioSuite プラグインの処理がわずかに異なります。オーディオに関 しては、 “リージョンリスト参照”を選択して、 “プレイリストに使用”を選択すると、AudioSuite プロセスがセッション内 に現 れる オー ディオ・フ ァイ ルの全 コピ ーへ適 用さ れま す。しか し、リー ジョ ン・グルー プを 選択中 に、ター ゲッ トが AudioSuite プラグイン・ウィンドウ内の“リージョンリスト参照”にセットされていると、ProTools はリージョン・グルー プをプロセス可能なオーディオと認識せず、“オーディオが選択さていません”というエラーが現れます。これは、実際に トラックの中で使用されるまで、リージョン・グループが“オーディオ”ユニットとして認識されないために生じます。

セッション内にあるすべてのリージョン・グループのコピーに、瞬時に AudioSuite を適用するには、下記の通りにします。 1 プロセスするリージョン・グループを選択します。 2 リージョン・メニューから [ すべてのグループ解除 ] を選択します。グループ内の全要素が選択されたままの状態になりま

す。 3 AudioSuite プロセスを実行します。 4 リージョン・メニューから [ 再グループ ] を選択します。

プロンプトが表示されたら、セッション内のリージョン・グループの全コピーへ AudioSuite を適用する場合は“修正”を 選択し、選択されたリージョン・グループのみに適用する場合は“コピー”を選択します。 MP3 Codec は著作権保護されたファイルをエクスポートしない (Item #68985) Pro Tools 7.3 以降における新しい MP3 Codec は、著作権保護されたファイル属性をエンコードする機能はありません。これ はフラウンホーファーの新しい Codec 制限です。 QuickTime がインストールされていない状態で MP3 もしくは MP4 ファイルをインポートする。(Item #62994) QuickTime が存在しないシステムで、Pro Tools の使用後に QuickTime をインストールされると、Pro Tools が QuickTime の ファイルを不明なファイルとして索引する場合があります。これらファイルは、QuickTime がインストールされた後も不明 なファイルとして残ります。この問題が発生した場合は Digidesign Database ファイルを削除するか、もしくは QT ファイル で不明なファイルとなっている物を選択し、選択項目の Database をアップデートして下さい。 反対に、QuickTime が存在するシステムにて Pro Tools が使用され、その後 に QuickTime がアンインストールされると、 QuickTime ファイルが Pro Tools には読み取りできないファイルとして索引される事があります。この問題が発生した場合、 全てのデータベース・ファイルを削除して、再度実行してください。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

5

Kensington マウス及びドライバの問題 Pro Tools で Kensington マウスを使用すると以下の問題が発生することがあります: • ズームする際に Alt キーが動作しなくなる。(Item #61823) • Shift キーが動作しなくなる。(Item #62376) • Control キーが動作しなくなる。(Items #61830, #62066, #61980, #61988, #62348, and #62559)

スタックしたキーを解除するために、再度キーを押します。問題が継続する場合は、Kensington ドライバを削除します。 起動時の Windows セキュリティ・アラート (Item #62060) “Windows セキュリーティ・アラート”ダイアログ「あなたのコンピュータの保護の為、このプログラムの幾つかの機能が Windows Firewall によりブロックされました。 」という旨のダイアログが、Pro Tools 起動時に表示される事があります。こ れは無視できます(Pro Tools のパフォーマンスには影響しません)。 長時間に及ぶレコーディング時に波形を表示できなくなる問題 (Item #60719) レコーディングが長時間に及び、20 分から 30 分を経過すると、波形が表示されなくなります。セッションを再度開いた後 に再度算出されます。 Pro Tools 起動時のブルースクリーン (Item: #57561) #57561) Pro Tools をインスト ールして再起動して もブルースクリーンが 表示される場合は、Pace の Web サイトから最 新のインス トーラーをダウンロードして PACE ドライバーをアップデートしてください。 [ 入力モニター ] モードが有効で、トラックが録音待機状態のときはスクラブが機能しません (Item #59380) [ 入力 ] モニターに設定され別のトラックが録音待機状態のときはスクラブが機能しません。 復旧されたセッションを開いた後のプレイバックエンジンへのアクセスについて (Item#54319) [ セッションファイルの自動バックアップ ] を使い保存されたファイルを開くときは、一度新しく名前をつけ、再度保存し てください。そのままの場合プレイバックエンジンにアクセスできないことがあります。 エラー・メッセージ“指定されたファイルを発見できないため作業を完了できません。”(Items #50454 及び #50457) このメッセージは、管理者権限のないアカウントにログイン中に、以下のいづれかを行うと現れます: • デストラクティブ AudioSuite プロセッシングの実行 • ワークスペース・ブラウザ内でのファイル・ロック

これはオーディオ・ファイルのアクセス権が読み取り専用になっているために発生するエラーと考えられます。これを回避 するには、Windows XP の管理者レベルでのアカウントへログインし、オーディオ・ファイルのアクセス権をフルアクセス の状態に変更する必要があります。管理者レベルでのアカウントへログインする権限が無い場合は、コンピューターの管理 者に連絡をするか、Pro Tools 上で [ ファイル ]>[ セッションのコピーを保存 ] を行い、セッションに含まれる全てのオー ディオ・ファイルのコピーを保存する必要があります。 “アクセスが拒否されため [ ディスクへバウンス ] コマンドを終了できませんでした”という旨のエラー・メッセージ (Item #50488) 管理者レベル以外のアカウントでログインしている際に、SCSI ド ライブのルート・レベルへ「ディスクにバウンス」を行 うと以下のエラーが発生する場合があります。 “Could not complete the bounce to disk command because Access is denied.”この エラーは、Windows XP においては、管理者レベルでのアカウント以外にログインした状態ではルート・レベルにいかなる ファイルの作成もできない事に起因しています。この問題を回避するには、サブディレクトリを作成し、その新たに作成さ れたディレクトリにバウンスをする必要があります。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

6

管理者レベルのアカウント上以外でのオーバービューの再計算。(Item #50537) 管理者 レベルでのア カウント以外 にログイン した状態でオ ーディオ・ファ イルのオーバ ービューの再 計算を行う と、Pro Tools のタスクウィンドウに以下のエラーが表示されます。「アクセスが拒否されました」“Access denied. ”(5). これは オーディオ・ファイルのアクセス権が読み取り専用になっているがために発生するエラーと考えられます。これを回避する には、Windows XP の管理者レベルでのアカウントへログインし、オーディオ・ファイルのアクセス権をフルアクセスの状 態に変更する必要があります。管理者レベルでのアカウントへログインする権限が無い場合は、コンピューターの管理者に 連絡をするか、Pro Tools 上で [ ファイル ]>[ セッションのコピーを保存 ] を行い、セッションに含まれる全てのオーディ オ・ファイルのコピーを保存する必要があります。 管理者レベル以下のアカウントからセッションの保存コマンドを実行する。(Item #53335) 管理者レベル以外のアカウントにログインした状態で、CD-ROM (もしくは外付けのハードディスク)からシステムへコ ピーしたセッションを開き、Pro Tools がセッションの保存を必要とする コマンドを実行しようとするとアクセスを拒否さ れます。そのセッションを [ ファイル ]>[ 別名で保存 ]、もしくは [ ファイル ]>[ セッションのコピーを保存 ] で保存する必 要があります。 QuickTime Movie の上でポップアップ・ウィンドウ、もしくはメニューを開くと Pro Tools がクラッシュする (Item #54237) QuickTime ビデオ上でポップアップ・ウィンドウ、もしくはメニューを開くと Pro Tools がクラッシュします。QuickTime ビ デオを遠ざけた状態でポップアップまたはメニューを開いてください。 Mac/PC 強制互換が有効に設定されていない場合、不適切な文字を含むオーディオ・ファイルやフェード・ファイルを再 リンクすることができません。(Item #60728) Mac/PC 強制互換オプションにチェックを入れずにセッションをコピーした場合、Pro Tools は不適切な文字を含むオーディ オ・ファイルやフェード・ファイルを再リンクすることができません。DigiBase ブラウザから、ファイル ID を確認して手 動で再リンクしてください。 Mac/PC 強制互換オプションが有効に設定されていない場合、I/O 設定ファイルは不適切な文字ともに保存されてしまう可 能性があります。(Item #60730) Mac/PC 強制互換オプションが無効のままで保存された Macintosh セッションから I/O 設定ファイルをインポートすると、 不 適切な文字を含むファイルは正確に変換されません(不正な文字はアンダースコアに置き換えられます)。 セッション名の不正な文字がアンダースコアに変換されている場合、ワークスペースから Macintosh セッションを開くこ とはできません (Item #60243) セ ッシ ョ ン名 が 不正 な 文字 を含 ん でお り、ア ンダ ー スコ ア に変 換 され て しま っ てい る場 合、ワ ーク ス ペー ス から は Macintosh セッションを開くことはできません。[ ファイル ]>[ セッションを開く ] からセッションを開いてください。 グルーブ・テンプレート (Ittem #43997) Pro Tools では間違ったディレクトリに保存されたカスタムメイドのグルーブ・テンプレートは復元出来ません。グルーブ・ テンプレートは Grooves フォルダに保存されている必要があります。 QuickTime Player を Wave Driver で使用 (Item #52540) Wave Driver での QuickTime Player の使用は推奨されていません。特定の QuickTime ムービーのオーディオが同期しない、 あ るいはプレイバック中に脱落する可能性があります。 Cubase SX をアンインストールする事により Pro Tools ドライバー・インストーラが機能しなくなる (Item #48450) Pro Tools のインストール中に“The driver installer could not find the driver information. Please make sure the path to the INF file is correct”というメッセージが表示される場合、Pro Tools のインストールに先立ち、Cubase のアンインストールが行われて おり、その為にエラーが発生している可能性があります。これが該当する場合は、Cubase SX を再インストールした上で Pro Tools をインストールして下さい。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

7

[ セッションデータをインポート ] からトラックをインポートすると [Undo(元に戻す)] の順列がクリアされてしまう。 (Item #51775)

リファレンスガイ ドにも記載されている通り、「セッションデータをインポ ート」よりトラックをインポートする と Undo (元に戻す)の順列がすべてクリアされてしまいます。特にメインのプレイリストオプションが「インポート - 既存のプレ イリストを置き換える」に設定されていると Undo(元に戻す)の順列がクリアされてしまいます。ここの設定が「インポー ト - 新規のプレイリストを既存に重ねる」もしくは「インポートしない」に設定されていると Undo(元に戻す)の順列は 保たれます。 シャトル・ロック・コマンドが無視されることがあります (Item # 47155) シャトル・ロック・コマンドが無視されることがあります。問題が起きた際には、再度トランスポートのポップアップをク リックすると元にもどります。

ファイル・マネージメント 残りディスク・スペースの不足した外部ハード・ドライブへ自動保存を行うと、データの損失を引き起こす (Item #94260) 十分な空き容量を持たない外部ハード・ドライブへレコーディング中に、自動保存初期設定をオンにしていると、録音ドラ イブの空きが完全になくなり、データを損失する場合があります。非常に稀ではありますが、これによって外部ドライブが オフラインになり、Windows システム上 で使用できなくなる場合もあります。ドライブが完全 にフルになることがないよ う、定期的にプロジェクトのバックアップを取ることを推奨します。 セッションを DVD-R に記録中に起こるデータの損失 (Item #59227) MacDrive 6 DVD/CD バーニ ング・ユーテ ィリティを 使用して DVD-R にセッ ションのバ ックアッ プデータを 記録すると、 DVD-R 上のセッション・データを損失する可能性があります。詳細は MediaFour へご連絡ください。 Mac でフォーマットされた Firewire ハードディスクを接続すると、起動時にシステムがクラッシュします。(Item #45288) MacDrive のインストールした後は、必ず Windows が起動し終わってから Mac でフォーマットされた FireWire ディバイス をマウントしてください。MacDrive インストール後、電源の入った Firewire ドライブが接続された状態で Windows を起動 するとシステムがクラッシュします。 Mac でフォーマットされたドライブのディスク・マネージメント (Item #: 45459) HFS+ でフォーマットされたドライブが NTFS に変換、あるいは再フォーマットされぬよう、MacDrive サービスを必ずオフ にしてください。 Pro Tools のワークスペースからドライブをアンマウントした際に起きる共有情報の紛失 (Item #46273) 共有フォルダや特定のドライブに対して関係していた情報は、Pro Tools 内でワークスペースからアンマウントすることに より紛失してしまいます。 マップされたネットワークドライブが使用できなくなった際、Pro Tools のパフォーマンスが落ちてしまいます (Item #44420) Pro Tools を使 用中はマ ップされ たネット ワークの 存在と利 用状況を 確認して ください。コンピュ ーターが 利用でき ない ネットワーク・ドライブにマップされている場合、Pro Tools のパフォーマンスが低下します。 以前のバージョンの Pro Tools で作成されたセッション・ファイルを開くと見つからないファイルがある (Item #37572) 以前のバージョンの Pro Tools で作成されたセッション・ファイルを開くと、いくつかのファイルが見つからないと表示さ れます。この場合、再リンクウィンドウにて「ファイル名」と「長さ」によって再リンクできます。 「フォーマットの一致」 ではリンクが見つからない場合があります。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

8

MIDI リアルタイム MIDI プロパティが有効に設定されていて、さらにダイアトニック・トランスポーズを使用するよう設定され た MIDI トラックにセッション・データをインポートした場合、トランスポーズはセッション内の最初のキーを元に行われ ます (Item #81666) 複数のキー(調)と、リアルタイム・プロパティのキー・トランスポーズが有効に設定された MIDI またはインストゥルメン ト・トラックを含むセッションから、セッション・データをインポートすると、トランスポーズはセッション内の最初のキー をベースに行われます。これは、ダイアトニック・トランスポーズが各キーに対して正しくなる場所で、リアルタイム・プロ パティをオン / オフ切り替えると補正できます。 Pro Tools 7.x セッションよりエクスポートされた MIDI Type 1 ファイルが、Pro Tools 6.x セッションに正しくインポート されない問題点 (Item #72181) Pro Tools 7.x セッションからエクスポートされた MIDI Type 1(SMF 1) ファイルは、Pro ools 6.x セッションに正しくインポー トされません。MIDI トラックは正しく作成されますが、MIDI リージョンがプレイリスト内の正しい位置に作成されない問 題が発生します。プレイリスト内に反映されない代わりに、リージョンリストにのみインサートされます。MIDI リージョ ンをプレイリストにドラッグする事により、この問題を回避できます。 オランダ語 OS で英語版 Pro Tools LE を使用すると、MIDI パフォーマンスが低下する (Item #59608) オランダ語 OS 上で英語版 ProTools LE を使用すると、MIDI 出力に遅延が生じます。 MIDI の入力及び出力の選択肢が画面上に全て表示されていない。(Item #53611) 画面の解像度が 1024x768 に設定されている場合、大きな MIDI コンフィギュレーションを使用すると MIDI 出入力セレク タに全て の MIDI 出入力が 表示されない場 合があります。この 問題を回避する には解像度の値 をより大きい数値 に設定し 直してください。

プラグイン X-Form AudioSuite の視聴パフォーマンス (Item #96728) Polyphonic モードで Formant スイッチが入った状態で視聴をすると、フォルマント・プロセッシングは、視聴ループが 2 周 目になるまで作用しません。さらに、Polyphonic モードで視聴中にフォルマント修正が行われると、スロー・プロセッシン グによるオーディオ・ドロップアウトが発生します。 7.x 対応プラグイン及び追加オプション・ソフトウェアのデモ・モード Digidesign 7.x プラグイン及び Pro Tools 7.x 追加オプション・ソフトウェアには、期間限定のデモ版は含まれません。その代 わり、これらプラグイン及び追加オプションのデモ版を使用するには、iLok USB キー及びデモの iLok ライセンスが必要で す。デモ・ライセンスの取得を希望される際は、Digidesign ウェブサイト (www.digidesign.com) の各製品ページにて Demo ボタンをクリックしてください。 別プラットフォームで作成されたセッションのソフトウェア・シンセサイザ・プラグインへの MIDI 出力のリストがイタ リック表示になる (Item #54173) 別プラットフォームで作成されたセッションでは、出力の再アサインを行わない限りは、ソフトウェア・シンセサイザー・ プラグインへの MIDI 出力のリストがイタリック表示になります。 期限切れのデモ版プラグイン デモ期間が終了 したプラグインを使用すると、Pro Tools LE 上 で“Illegal Instruction Attempted”エラーが 生じます。この問 題を解決するには、デモ期間が終了したプラグインを、プラグイン・フォルダから削除してください。 12 アルファベット文字以上の NTFS ブート・ドライブ名で iLok プラグインの認証に問題が生じる 。 NTFS フ ォーマットのドライブを使用し、その ドライブ名がアルファベットで 12 文字以 上の場合、InterLok プラグインの オー ソ ライゼ ーシ ョン に問題 が生 じます。この 問題を 回避 するに は、NTFS ドライ ブ名 を 12 文字 未満 に変更 して から Pro Tools LE を起動してください。変更せずに Pro Tools LE を起動すると、アラートが表示されます。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

9

Mod Delay II プラグインのディレイ・タイム Mod Delay II のプラグイン・ウィンドウでデュレーション(ノート値)を設定した後、Control | 24 などのコントロール・ サーフィス を使用してディレイ・タ イムを変更すると、デュ レーション・パラメータを 無効にできなくなり ます。ディレ イ・タイムは、プラグイン・ウィンドウで設定するようにしてください。 Mod Delay プラグインとオートメーション・データ Mod Delay プラグインでは、オートメーションが同じコントロールからの入力 / 出力であるにも関わらず、隣接した左、ま たは、右 オーディオ チャンネルにオートメーションデータをコピー、または、ペーストすることは出来ません。たとえば、 [左へフィードバック]オートメーション・データは[右へフィードバック]オート メーションへはコピーできません。 Mod Delay のステレオ出力で、左右両方のチャンネルにオートメーション・データを適用するには、ステレオ/モノ・トゥ・ ステレオの Mod Delay の代わりに、マルチ・モノ・プラグインを使用してください。マルチ・モノ・プラグインではオート メーションのリンクが可能になり、リンクされた全てのチャンネルに同じオートメーション・データが適用されます。 DigiRack ReWire 使用時の MIDI ビート・クロックのレーテンシー  (Item #35457) Pro Tools から ReWire クライアントへ MIDI ビート・クロック・データを送信する場合、MIDI キーボードを使用して ReWire をトリガーすると極端なレーテンシーが生じます。Pro Tools から ReWire クライアントへ MIDI ビート・クロック・データを ルーティングすることは避けてください。 AudioSuite Signal Generator がプロセスしない。(Item #35900) Pro Tools LE 6.x では、AudioSuite Signal Generator プラグインは[個別ファイルを作成]がデフォルトとなります。オーディ オを含まないタイムライ ンでは、AudioSuite Signal Generator プラグインの[連続ファイルを 作成]を選択する必要があり ます。これを選択しないと、オーディオが選択されていない旨のアラートが表示されます。 Signal Generator プラグインのピンク・ノイズ Signal Generator プラグインでは、ピンク・ノイズ・シグナル出力が改善され、ルーム校正などにも使用できるようになり ました。ピンク・ノイズの出力レベルは、v5.3 以前よりも大幅に高くなっています。ピンク・ノイズ動作中の歪みを防止す るには、クリッピングが生じないように、Signal Generator のボリューム・スライダーを -12dB まで下げてください。 Pitch Shift AudioSuite プラグイン Pitch Shift AudioSuite プラグインで、 [TIME CORRECTION]をオフにし、リージョン・リストの複数のステレオ/マルチ・ モノ・ファイルをバッチ・プロセスすると、2 番目以降のファイルの右チャンネルは、ランダム・オーディオかホワイト・ ノイズとなります。PitchShift プラグインを使用する場合は、ステレオ/マルチ・モノ・ファイルを個別にプロセスするか、 またはバッチ・プロセス前に個々のモノ・ファイルへ分割してください。

ビデオ オリジナル・タイムコードのロケーションを維持することができません。(Item #37628)

(Pro Tools LE with DV Toolkit のみ) あるリージョンへ現在のタイムコードを再定義すると、Pro Tools に “セッションの境界の外にリージョンまたはプレイリ ストが存在するため、入 力されたタイムコードでは元のタイ ムコードロケーションを維持できま せん。相対的な位置を維 持するには (O.K)をクリックしてください”と表示されます。相対的な位置でタイムコードを保つには、OK をクリック してください。ここで OK をクリックすれば、タイムコードは正しくマップされます。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

10

ローカリゼーション一般 英語以外の文字を持つ AAF/OMF シーケンスをインポートすると、文字化けや再リンク不能を引き起こす (Items #95851, #95857, #96279) Mac ベースの Pro Tools 7.3.1 システム(またはそれ以前)から、英語以外の文字を持つファイルまたはリージョンを含んだ AAF/OMF シーケンスをエクスポートすると、Avid Media Composer、XP ベースの Pro Tools システムまたは Pro Tools 7.4 シ ステム(Windows または Mac)へ正しくインポートできない場合があります。逆に、全ての Pro Tools 7.4(またはそれ以降) システムからエクスポートされた、英語以外の文字を持つ AAF/OMF シーケンスは、Mac ベースの Pro Tools 7..3,1( または それ以前 ) システムへ、正しくインポートできない可能性があります。ファイルをリンクするためには、[ 手動で検索、再 リンク ] を選択して、[ ファイル ID で見つける ] 以外のオプションを全て外します。リージョン名は文字化けする場合があ ります。

DV Toolkit 2 スクラブ・トリム・ツールが、ループされたリージョンをトリムする際にスクラブしない問題点 (Item #72650) スクラブ・トリム・ツール を使用して、ループ・トリマーでループ されたリージョンをトリムして も、オーディオがスク ラブされません。

Mbox 2 Pro コンピュータによっては、H/W バッファサイズが 64 または [I/O レイテンシの増加を最小限にする ] が有効に設定されて いると、“Audio Play Startup Deadline was Missed”エラーが発生するものがあります (Item #84103) Mbox 2 Pro を使用する場合、コンピュータによっては、プレイバック・エンジン・ダイアログ内の[ 再生 / 録音中はエラーを 無視する ] を有効及び [I/O レイテンシの増加を最低限にする ] をオン、または HW バッファサイズを 64 に設定している際 に、 “Audio Play Startup Deadline was Missed”エラーが起きるものがあります。またこれは、Mbox 2 Pro が外部クロックに同 期している場合は、症状が悪化することもあります。これが起きた場合は、クロック・ソースをインターナル(内部)に切 り替えて、[I/O レイテンシの増加を最小化 ] をオフにし、HW バッファサイズを 128 以上に設定してください。

Mbox 2 AC-3 Mode 設定切り替え時に Mbox 2 から発生するオーディオ・ポップ (Item #63293) Mbox 2 Control Panel 内において、AC-3 オプションにチェックを入れるまたは 外すと、アナログ・アウトプットからオー ディオ・ポップが発生する。 Mbox 2 は 49 KHz 以上のサンプルレートには非対応 (Item #63141) Mbox 2 は 49 KHz 以上のサンプルレートをサポートしません。これは USB 1.1 の帯域制限と USB コントローラーに起因し ます。これは、外部 S/PDIF クロックに同期して、サンプルレートが 2% あるいは通常の 48 KHz 以上に引きあがった時にの み起こる問題です。

Mbox Mbox 及び Pro Toolls LE 使用時の推奨ハードウェア・バッファサイズ (Item #38657) Mbox 及び Pro Tools LE 使用時の推奨ハードウェア・バッファサイズは 512 samples です。 Pro Tools LE の起動中に Mbox を接続すると認識されない事がある (Item #43449) Pro Tools LE 起動時に Mbox の USB コネクターを接続すると、インターフェースが認識されない事があります。これを避け る為に、Pro Tools LE の起動前に Mbox を接続して下さい。

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

11

[ハードウェア設定]ダイアログの[ペリフェラル]に「インターフェースなし」と表示される(Item #37383) Mbox を使用する際、ハードウェア設定内のペリフェラルのセクションで、インターフェースがありませんと間違ったダイ アログが表示されることがあります。これは問題を提示しているのはありませんので、無視してください。

エラー・メッセージ 再生中の -6031 エラー (Item #32637) 複雑な MIDI やオートメーション・データを持つセッションを再生中に - 6031 というエラーが生じたら、再生を一旦止め、 セッションを保存し閉じてください。そして Pro Tools を終了してから再起動し、そのセッションを再び開いて作業してく ださい。 Error -6097: 002 ユニットとのコミュニケーション不良 -6097 エラーに遭遇した場合は、クロック・ソースが有効かどうかを確認してください。もしくはハードウェア・バッファ・ サイズを増やすかプラグインをいつくか削除して、DAE メモリーを節約してください。 AMD Dual-Core プロセッサにて録音を始める際の DAE -9093 エラー AMD Dual-Core プロセッサを使用する際、トラックカウントに関係なく、録音を始める際に DAE -9093 エラーが発生する 事があります。もしこの問題が発生した場合は、プレイバックエンジンにて、異なった HW バッファサイズを選択して下 さい。問題が回避できたら、HW バッファサイズを以前の数値に戻して下さい。 DAE Error -9132 ハードウェア・バッファサイズ設定を最高値に設定しているにも関わらず、 [ディスクへバウンス]中に - 9132 エラーが生 じたら、セッション上 に録音用のトラックを作成し、目的のト ラックから内部バスを適切にアサイ ンして、ディスクに録 音してみて ください。

Pro Tools ガイドの修正 新機能ガイド PN 9320-56790-01 REV A 08/07 及び PN 9320-56791-01 REV A 08/07 以下は、Pro Tools HD 7.4 新機能ガイド及び Pro Tools LE and M-Powered 7.4 新機能ガイドにおける訂正事項です。

エラスティック・オーディオ Pro Tools HD 7.4 新機能ガイド及び Pro Tools LE and M-Powered 7.4 新機能ガイドの 5 ページ第 3 パラグラフに、「エラス ティック・オーディオは、ループの操作、演 奏の修正、リミキシング、サウンド・デザインや特殊効果、映 画音楽やポスト プロダクションなど様々なワークフローで役立ちます」とありますが、以下の通りに訂正します。 訂正 :  「エラスティック・オーディオは、ループを使った作業、演奏の修正、リミキシング、サウンド・デザインや特殊効果及び映 画音楽の様々なワークフローで役立ちます」

映画音楽及びポストプロダクション Pro Tools HD 7.4 新機能ガイド及び Pro Tools LE and M-Powered 7.4 新機能ガイドの 6 ページに記載されている、映画音楽と ポストプロダクションに関するセクションに「エラスティック・オーディオを使ってプルアップまたはプルダウン率を調整 できる」と記載されていますが、これは誤りです。このセクションを以下の通り訂正します。 訂正 :  セクションのタイトル→「映画音楽」

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

12

本文→「映画のシーンに対するスコアを作成する場合、エラスティック・オーディオを使って、音楽を必要な長さに合わせ ることができます。テンポ変更を使って、アッチェレダントやリタルダントの効果を得ることもできます」

複数の キューを持つセ ッションでテン ポ変更を使用す ると、それによりタ イムライン上に ある別のキューの タイム コード位置に影響する可能性がありますので、ご注意ください。 エラスティック・オーディオはプルアップ及びプルダウン・ワークフローには推奨されません。セッション設定ウィン ドウのリアルタイム・プルアップまたはプルダウンを使用するか、DigiRack Time Shift または X-Form Audio Suite プ ラグインに含まれるプラグイン設定を使用します。

Varispeed Pro Tools HD 7.4 新機能ガイド及び Pro Tools LE and M-Powered 7.4 新機能ガイドの 20 ページの Varispeed プラグインに関し て、「ポストプロクション・ワークフローに役立つ」と記載されていますが、これは誤りです。以下の通り訂正します。 訂正 :  「テープのような速度変更の効果を得るには、Varispeed プラグインを使用して時間と音程の変更をリンクします。Varispeed プラグインには、プラグイン特定のコントロールはありません。」

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

13

Pro Tools LE 7.4 on Windows - 10/26/07

14

View more...

Comments

Copyright © 2017 UPDOC Inc.